岐阜本社

0581-22-2832

東京支店

0800-200-1382

ideaキッチン・家具アイデア

コラム

オーダーキッチンの天板(ワークトップ)の種類とは?素材別の特徴を解説

日々の家事を助けるアイデアが詰まった、スクエア型のペニンシュラキッチン

オーダーキッチンの魅力のひとつに、ワークトップ(天板)を、いくつかの素材の中から自由に選ぶことができる点が挙げられます。

多くのカラーバリエーションやテクスチャ(表面の柄や模様)があり、それを決める過程も楽しいものです。

ワークトップ次第で、オーダーキッチンをより引き立たせることもできますし、インテリアのアクセントとして魅せることもできます。

また、作業面においては、

・仕込み

・調理

・盛り付け

・配膳準備

・調味料や調理器具置き

などに欠かせないため、高い機能を求められるキッチンの構成部材です。

まさにキッチンの顔とも言えるワークトップについて、今回は解説していきます。

 

ワークトップに求められる機能とは

日々の家事を助けるアイデアが詰まった、スクエア型のペニンシュラキッチン

ワークトップには、以下の5つの機能が求められます。

耐久性:サビ、割れ、欠け、打痕、キズ、水、洗剤、劣化などに強い

②耐熱性:熱さに強い、熱い鍋を直接置いても変形・変色しにくい

③耐汚性:汚れにくい、色移りしない、衛生的である

④デザイン性:バリエーション、加工や施工のし易さ、仕上がり

⑤メンテナンス性:清掃しやすい、交換可能

 

ワークトップは、プランニングやインテリアとの調和を考慮して複数の素材をピックアップし、比較検討しながら絞り込んでいくと良いです。

では、比較検討をしていく上で重要となる各素材の特徴について、次の項目で解説します。

 

素材別の特徴について

ワークトップに使われる素材としては、

・人工大理石:アクリル系樹脂、ポリエステル系樹脂

・人造大理石:テラゾー

・ステンレス:SUS304

・セラミック:人気

クウォーツ:水晶比率93%以上

・メラミン:テクスチャが豊富

・天然石:御影石

・タイル:個性が出やすい

・木質系

があります。

今後、新しい素材が誕生する可能性はありますが、現状では上記のラインナップから選ばれています。

各素材について、機能を含めて特徴は以下のようになります。

  耐久性 耐熱性 耐汚性 デザイン性 メンテナンス性 コスト
人工大理石 やや高
人造大理石
ステンレス
セラミック
クォーツ
メラミン
天然石 最高値
タイル 安~高
木質系 × × ×

 

実際に素材を選定する時は、キッチンのコーディネーターやプランナーの説明を十分に聞いて判断することになります。

できるればショールームで、直接、ワークトップまたは素材サンプルを見て、触って、照明の当たり方による表面の印象などを確認できると良いです。

 

オーダーキッチン・家具造作ギャラリーを運営する藤岡木工所では、ショールームにて実際に素材の確認をしていただけます。

>>ショールームについてはこちら

 

素材による印象の違いとは

部屋全体を明るくするホワイトカラー 長さ6.7mと圧巻のキッチン

ワークトップは素材によって、全体のデザインの印象が変えるほどの存在感があります。

全体のデザインがポップな感じであれば、メラミン素材のカラフルな仕様が似合いますが、大理石や天然石ではバランスが良いとは言えません。

シックな感じに仕上げたい場合は、ステンレス、クォーツ、大理石、セラミックあたりがマッチします。

キッチンの空間を木質系で統一し、暖かい印象を持たせたい場合は、カウンタートップも思い切って木質系にする、あるいは渋めなテクスチャの人工大理石を選ぶと良いです。

おしゃれな洋風テイストを望むなら、目地汚れを防ぐために日ごろの手入れは欠かせないですが、モザイクタイルで仕上げたワークトップが好まれます。

 

このように、ワークトップ1つでキッチンの印象も変わっていくので、自分がどのような雰囲気のキッチンをつくりたいか、設置場所に合った素材は何かを検討していくことが重要です。

 

当社の納入事例をご紹介!

デクトンを使用した天板が印象的 チークのアイランドキッチン

事例①:デクトンを使用した天板が印象的 チークのアイランドキッチン

こちらは、チークをふんだんに使用したアイランドキッチンです。

天板の素材はデクトンを使用しており、ボリューム感が印象的なキッチンとなっています。

耐久性、耐熱性に優れており、デザイン性と機能性を実現したキッチンです。

 

>>詳しくはこちら

 

事例②:チーク材とクォーツストーンの家具のようなアイランドキッチン/新築戸建

チーク材とクォーツストーンの家具のようなアイランドキッチン/新築戸建

こちらは、チーク材とクォーツトーンのアイランドキッチンです。

こちらのキッチンの天板は人造大理石(クォーツストーン)のシーザーストーンを選定頂きました。木材の雰囲気ともよく合い、高級感のある天板素材となっています。

クォーツストーンは実際の石材から作られ、高いデザイン性と高い耐久性を持たせた素材です。

その中でもシーザーストーンはイスラエルに本拠を置くクォーツストーンのパイオニア。世界中の建築デザイナーから選ばれる一級品です。

 

>>詳しくはこちら

 

オーダーキッチン製作について検討・お悩みの方はオーダーキッチン・家具造作ギャラリーまで!

小さなお子様がいても安心な設計 ナチュラルなアイランドキッチン

今回、オーダーキッチンの天板(ワークトップ)の種類について、素材別の特徴をまとめました。

天板の素材は多くあるため各特徴と自分の理想を合わせて検討していくことが重要となり、オーダーキッチンでは様々な天板の素材から選んでいくことができます。

そのため、オーダーキッチンは「ユーザーの求めるスタイル」が多様であり、各ユーザーに合わせたプランニング・仕様の決定が求められます。

その際に

「お客様から仕様に関して多くのご要望をもらったけど、対応できる工房がなかなか見つからない・・・」

「お客様からいただいたご要望が特殊形状で、複雑な図面をモデリングしてほしい」

「コーディネーターがいないので、お客様からいただいた仕様がわからない・・・」

というようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

オーダーキッチン・家具造作ギャラリーを運営する藤岡木工所様では、お客様がプランニングされた配置図やパース図、デザインイメージに合わせてキッチンの設計・モデリングができます。

当社ではこれまで約400件以上のオーダーキッチン・家具納入実績があり、多数の納入実績から得た経験値をもとに、工務店・ハウスメーカーの方が検討されている配置図からオーダーキッチンや造作家具の設計をすることができます。

お客様の求める理想像や設置空間に合わせたキッチン・家具を、多数の素材や様々な特注対応でお応えいたします。

 

オーダーキッチンや造作家具についてご検討・お悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

>>お問い合わせはこちら

SHAREこの記事をシェアする

お気軽にお問い合わせください