岐阜本社

0581-22-2832

東京支店

0800-200-1382

ideaキッチン・家具アイデア

キッチンアイデア

間取りに合わせてキッチンを設計するための考え方

DKやLDKの間取りとキッチンの悩み

キッチン、ダイニングは家族が集まる場所であり、また家で過ごす中で最もアクティブかつ長時間滞在することが多い場所でもあります。

現在はリビングと対面式のⅡ型キッチンの人気が高く、キッチンはただ調理をするだけの場ではなく、リビングにいる家族とつなぐコミュニケーションスペースとしての役割も高まっています。

 

また、昨今ではDKやLDKなどリビングルームとキッチンがつながった間取りがトレンドとなっています。

こうした背景からも、リビングにいる家族とキッチンで料理をする人がゆるくつながれる「コミュニケーションの場」としてキッチンの需要が高まっていることが分かります。

 

ここで問題となってくることが、間取りに合わせたキッチンの設置です。

これまで台所(K)に設置していたキッチンは、ダイニングやリビング空間に設置することとなります。

DKやLDKの場合、Kよりも広い空間になる分、構造上必要な柱が出てきます。

 

柱は動かすことができず、でもキッチンを設置したい。DKやLDKを検討している方の中にはこのような悩みに直面することも多いのではないでしょうか。

 

このような場合は、素材や仕様を細かく指定できるオーダーキッチンで解決することができます。

オーダーキッチンの素材や仕様を柱に合わせて統一していくことで、上手く馴染むようになるからです。

 

既存の柱を上手く溶け込ませるオーダーキッチン

藤岡木工所では以前、設置場所にあった柱に合わせてキッチンを設計したことがあります。

 

ー 既存の柱が溶け込むキッチン

過去にご依頼いただいたお客様のお住まいにて、キッチン設置予定場所のちょうど真ん中に柱がありました。

このようにキッチンを置きたい場所に柱があった場合、多くの方は「柱が邪魔で置くことができない」と悩むはずです。

ですが、藤岡木工所は柱とキッチンが共存するような設計を行い、既存の柱がキッチンに上手く溶け込むようにしました。

 

柱に合わせてキッチンを設計。リビングルーム側に見えるキッチン側面と柱が一体化するよう、素材を柱に合わせて選定しました。

こうすることで、まるで柱がキッチンの一部であるかのように見えます。

 

ー 「魅せる収納」で来客時にも対応

また、こちらの事例は工務店のお客様よりご依頼いただいたもので、「打ち合わせ等で来客があるため、自宅でありながらも来客の方にも魅せられるような場所にしたい」というご要望をいただきました。

 

そこで、Ⅱ型キッチンの後ろに設置する棚も設計・製作し、「魅せる収納」を実現しました。

 

収納も自由にカスタマイズできることがオーダーキッチンの1つの魅力。

自分たち家族だけのプライベート空間も、お客さんが来たときのパブリックな空間どちらも演出できるオーダーキッチンに仕上がりました。

 

間取りに合わせたキッチン製作ならオーダーキッチンを

このように、オーダーキッチンなら設置空間を活かした設計・製作ができます。

 

当社では今回ご紹介した事例のように、部屋の間取りの確認や、キッチンの仕様についてなど細かくヒアリングやアドバイスさせていただいた上で設計・製作を行います。

キッチンをご検討されている中で間取りについてお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

>>お問い合わせはこちら

 

また、当社では岐阜と東京にショールームがございます。

キッチンの仕様や実際に素材感を確かめていただける空間となっていますので、デザイナーの方単独でも、施主様とご一緒でも構いませんので、ぜひお越しください。

 

>>ショールーム予約はこちら

SHAREこの記事をシェアする

お気軽にお問い合わせください